2014年12月5日23:59まで

↓↓↓↓↓今すぐクリック↓↓↓↓↓ 
rec20141110d 

経営の神様ピーター・ドラッガーは「ネクストソサイエティ」という著書の中で「これからはNPOが社会の中心になる。」と言いました。

とはいえ、社会貢献と経済活動の両方を実現する次世代ビジネスとは一体何なのか?
 
その答えが、ここにあるかもしれません。

教育(←ここが肝)を通して、お客も社会も企業も成長し、利益も積みあがっていく、
カリスママーケッター神田昌典氏をして、「すごく完成されたモデル」と言わしめた
 
新・家元制度とは?

この「新・家元制度」を導入することで、
  • 年商1,000万円規模のセミナー、講座ビジネスが、 数億円に変わってしまう
  • 「押し花」が数十億円のビジネスに変わってしまう
  • 顧客の継続率が95%もの高確率になってしまう
  • ほとんどコストをかけずに仕掛けたイベントに、3万5千人も動員してしまう
  • 全国にインストラクターが1,000人生まれてしまう
そのようなビジネスの拡大発展が可能になります。

2002年にドラッガーが予言した、「NPOの時代」における、
社会貢献と利益の両輪を実現し、
社会から、顧客から応援されるビジネスを
実現する「新・家元制度」

すでに、
年商1億円規模の協会を構築し、社会を変える活動を始めている方たちが続々と輩出しています。

既存のビジネスモデルとは一線を画すこのモデルを、あなたも今すぐ手に入れて下さい。