和佐大輔さんは、12歳のときに事故で首の骨を骨折。
頸椎損傷と言う障害を負い、半身不随となる。
16歳で高校中退。
17歳で起業。
起業してから1年で年商1億円の規模にまでビジネスを急成長させる。
社員は家族3人だけの完全家族経営で9年間連続収益増を成し遂げ、インターネットマーケティング業界で数々の伝説を生み出している。

体の7割が麻痺しているため、車いすでの生活を余儀なくされ、手が不自由なので、パソコンの操作はすべて口にくわえて割り箸で行っている。

しかしタイピングスピードは健常者と同じ位速く、本1冊を三日間で書き上げるほど。

そんな和佐さんが、無料の解説pdfを提供してくれました。 


和佐大輔物語・絶望編

▼【無料プレゼント】売れるコピーライティングの極意